浜松でインプラントをお探しなら青木歯科医院へ

診療時間
09:00~12:30
14:30~18:45

★…土曜午後は14:00~17:00の診療 / 最終受付18:15

診療のご予約・お問い合わせは
青木歯科医院電話番号
県立浜松湖東高校前

初めての方へFIRST READING

インプラントをご検討の皆様へ

これまで青木歯科医院では多くの患者様と向き合い、最適な治療法を提案してまいりました。そして、たくさんの患者様と接する中で、特に大事に考えてきたことは、「患者様にベストな治療を提案する」ということでした。
医院都合の治療ではなく、その患者様にとって今必要な治療をしっかりと考え、お伝えすることを大事にしています。
私はひとりの歯科医師として、この浜松の地で最先端で安全なベストな治療を提案することを約束いたします。

院長 青木 俊明

インプラントをご検討の皆様へ

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯がなくなってしまった部分にチタンの歯の根っこを埋め込み、その上に人工の歯を埋め込むことで、これまでと同じような食生活を取り戻す治療のことです。
上記のチタンという素材についてですが、基本的には人体に対して非常に親和性の高いため、安全といわれています。このチタンにも様々な素材があるのですが、ハイドロキシアパタイトという歯や骨に近い素材のものもあり、3~6ヶ月でなじんできます。このインプラント治療という技術はとても画期的で素晴らしいものある反面、近年では各メディア媒体においてその危険性についても指摘されることが多くなっています。近年では各メディア媒体においてその危険性についても指摘されることが多くなっています。私自身も、よく患者様より、「失敗することはあるんですか?」「失敗するとどうなるんですか?」といった質問をお受けしたします。
結論から申し上げますと、症例をしっかりと検討した上であれば、歯科医師の技術に依存するもといえます。 多くのメディアにおいて、そのような報道が相次いでいるのは、技術や知識が不十分なままそのような処置をする歯科医が増えているということが原因であると考えられます。
当院の院長は県内屈指のインプラントの症例数を誇るだけではなく、患者様それぞれの状態にあわせた安全な歯科治療を実現しています。当院が多くの難症例に対応可能なのは、上記のことが主な理由です。

初診カウンセリングでお話をお伺いします

当院ではまず現在の症状と、今後の希望などを含めてカウンセリングを行っています。
初回のカウンセリングについては、無料で行っておりますので、お気軽にお電話にてお申し込みください。

※カウンセリングのキャンセルや、予定の変更などのご要望がある場合については、お早めにお電話にてお伝えください。

無料カウンセリングについて詳しくはこちら

インプラント治療に関して疑問や不安をお持ちの方へ、無料カウンセリングを行っています。
患者様一人ひとりにあったインプラント治療をご提案します。

インプラント治療内容

1回法手術について

1回法の手術にはさらに2種類に分けられます。

遅延負荷法

遅延負荷法では、インプラントを手術で埋め込み、ブリッジタイプの仮歯を入れて、見た目を補って、インプラントと骨がきちんとくっつくまで2ヶ月~6ヶ月間安静にします。
その後、最終的な人工の歯(被せ物)を装着します。遅延負荷法は、これまでもよく行われてきた1回法の一般的な方法です。

即時負荷法

遅延負荷法に対し、即時負荷法はインプラントを埋め入れたその日のうちに、最終的な人工の歯(被せ物)を装着します。インプラントそのものの品質が向上したことや、歯科用CTの活用でより正確な診断が可能になったことで、手術をしたその日のうちに人工の歯(被せ物)を装着することができるようになりました。

即時負荷法の特徴は、

  • 手術をしたその日のうちに人工の歯(被せ物)を装着することができる
  • 歯が欠ける期間がなく、周りのひとにばれにくい
  • 手術や治療回数が少ないため費用が抑えられる

などメリットの大きい治療法です。ただし、即時負荷法を行うには、患者様の顎の骨が質・幅・高さなどの面で良好な状態である必要があるため、全ての方に適応できるわけではありません。

2回法手術について

2回法とは

2回法では、外科手術を2回行い、歯肉を切除します。
まず1回目の手術で骨にインプラントを埋め込み、歯肉をインプラントの上から縫合し、元通りにします。その後、インプラントと骨が結合するまで安静にします。
安静にする期間は、インプラントと骨が結合するまでの、上顎で4ヶ月から6ヶ月、下顎で3ヶ月から4ヶ月です。骨の量が足りない場合などで、骨造成手術(サイナスリフトなど)を行った場合は、初回の手術後6ヶ月程度治癒期間を置いてから、2回目の手術を行います。
2回目の手術では、歯肉を切開した後、インプラントの頭を出し、アバットメント(上部構造の土台)を取り付けます。その後、インプラントに取り付ける人工歯を作成していきます。

2回法の特徴

  • インプラント治療ほぼ全ての場合に対応できる。
  • 骨造成など感染へのケアが必要な治療に適している。
  • 1回法に比べて、感染が起こる可能性が低い。
  • 2回手術を行うので、患者様の肉体的負担と費用の負担が大きい。

インプラントで服用するお薬について

痛みを抑える鎮痛剤

インプラント治療を行った後に、一時的ですが痛みが発生する場合もあります。痛みには、個人差があり一時的に発生することがあるのです。心配することはありません。それを抑えるのが鎮痛剤です。 腫れを抑えたり、熱を下げたりする効果もあります。 術後の痛みは徐々になくなりますのでご安心下さい。

化膿を止める抗生物質

インプラント治療を行った後に、一時的ですが痛みが発生する場合もあります。痛みには、個人差があり一時的に発生することがあるのです。心配することはありません。それを抑えるのが鎮痛剤です。腫れを抑えたり、熱を下げたりする効果もあります。術後の痛みは徐々になくなりますのでご安心下さい。

炎症を止める消炎酵素剤

雑菌が入り、化膿してしまった部分に効き、炎症を悪化させる成分を分解除去してくれます。これによって腫れや痛みを和らげる効果があります。 インプラント治療では上記のような薬を服用する可能性があります。
服用する前にアレルギーのある方、胃腸の弱い方などは十分注意が必要です。必ず歯科医師に確認してください。当院では服用の際のヒアリングなどは入念に行います。

インプラントのトラブルを避けるために

インプラントのトラブルを避けるために

近年、多くの方がインプラント治療を受けるようになってきました。
その反面、インプラント治療によるトラブルや失敗についての話が増えてきていることも事実です。
トラブルをできるだけ避け、安心してインプラント治療を任せる医院を選ぶ際に、下記のポイントを参考にして頂きたいと思います。

インプラントのトラブルを避ける為にまず重要なのは、しっかりと医師とカウンセリングを行うことです。
また、医院側が、カウンセリングで健康状態やインプラントへの不安や、自身の希望する姿を十分にヒアリングをしてくれるかどうか、十分に時間をかけてくれるかどうかを患者様もチェックしてください。

また、カウンセリングでは、インプラントへの不安だけでなく、ご自身の希望する治療後の姿を医院へ伝えましょう。そして、医師から説明を受けた上で、インプラント治療について十分に納得して治療を受けることも重要です。
その医院がどんな手術に対応できるかを把握するインプラント治療には、様々な手術法があります。 その中で、オールオンフォー治療、フラップレス手術、サイナスリフト、といった難易度の高い手法に対応できる歯科であるかを確認しましょう。

上記の手法に対応できる医院であれば、インプラント治療で相当の技術・経験があると判断してよいと思います。

インプラントでの人口歯

インプラント治療では、インプラント体を顎骨内に埋め込み、一定期間経過した後、インプラント体に支台を取り付け、その上にかぶせ物を作ります。かぶせ物には様々な種類がありますが、患者様には分かりにくい部分が多いのでここでは改めて説明しようと思います。
被せ物には、大きく分けてセラミック、オールセラミック、ハイブリットセラミック、金属製の4種類があります。

インプラントでの人口歯

セラミックについて

セラミックとは陶器と同じような素材のことです。変色や汚れに強いため、歯周病の方やブラッシングが苦手な方に適しています。
また、見た目の美しさを重視される方にはセラミックが一番おすすめです。最近ではセラミックで被せ物を作製することが主流になりつつあります。
欠点としては、自身の天然歯よりも硬いため、天然歯がすり減ってしまうことがあるという点です。

ハイブリットセラミックについて

これはセラミックにレジンを配合した素材のことです。
レジンとはプラスチックのような素材のことで、これを配合することにより天然歯同等の硬さを得ることができます。そのため、天然歯をすり減らしてしまう危険性も少なくなります。
しかし、欠点として、セラミックに比べ変色や汚れに弱いため、審美性では劣ります。

金属について

噛み合わせの安定から考えると、一番優れています。インプラントの被せ物としては一番おすすめします。
しかし、大きな欠点として、見た目が劣るので、患者様の多くは金属を避ける傾向にあります。
ですが、安全性の面では金属が一番優れていると言えます。

インプラントのメリット・デメリット

納得・安心して、インプラント治療を行うためにまず知っておいて頂きたい、インプラントの治療法のメリット・デメリットについてご紹介します。メリットとデメリット、両方を知って頂いてから、治療に進んでいただきたいと思います。

インプラントのメリット

  1. 1. 自分の歯と同じようによく噛める
    天然歯と同じように顎の骨に固定されるため、自分の歯と変わらないような感覚で固いものも噛むことができます。
  2. 2.歯の見た目が天然歯と変わらない
    インプラントは見た目が自然で、天然歯同様の見栄えです。
  3. 3.天然歯を守る
    他の歯(隣の歯)を削る必要がない。 また、インプラント自体がよく噛めるため、他の歯に負担を掛けません。
  4. 4.歯を削る必要がない
    ブリッジ治療では、健康な自身の天然歯を削りブリッジを装着するため、患者様への負担は大きくなります。ですが、インプラント治療では健康な歯を削る必要がありません。ですので、自身の健康な歯の寿命の寿命を延ばすことに繋がります。
  5. 5.入れ歯のような取り外しの煩わしさがない
    取り外しの入れ歯は、違和感を感じることが多く、手入れが難しいため、メンテナンスを怠れば汚れやすいのが特徴です。さらに噛む力もあまりないのですが、インプラントは「自分の歯と全く同じ」感覚で噛めるのが特徴です。
  6. 6.入れ歯のようにバネを掛けないため歯が痛まない
    インプラントはバネが無いため見た目が良いです。
    同様にバネがかかった歯は数年でダメになる傾向があり、抜かなくてはいけなくなることがあります。
    一度入れるとどんどん自分の歯が減っていき、総入れ歯に近づいてしまいますが、インプラントはそんな心配がありません。
  7. 7.噛むことで、健康になる
    インプラントを入れることにより、よく噛んで食べることができます。
    脳の満腹中枢が刺激され、満腹感が得られるので、食べ過ぎを防ぐのに効果があると言われています。
    またよく噛めば唾液の分泌が促されます。
    唾液には、虫歯の原因となる酸を中和する働きや、食べかすを洗い流す効果などがあります。
    またスポーツの世界でも噛む力が強い人の方が足腰も強い事が証明されています。
  8. 8.若返る
    インプラントを含め、残っている歯の本数が多いと 平均寿命が長くなることが、医学的に証明されています。
    また唾液の中には、パロチンという、若返りのホルモンも含まれていますので、若返りにも役に立ちます。
    また審美面でも歯の無い状態は人間の人相を変えてしまいますがインプラントは自然な人相を取り戻すため、患者様より「若返った気がする」と言われる事が多いです。

インプラントのデメリット

  1. 1.手術のリスクがある
    インプラントには手術が必要になります。
    しかもインプラント手術は決して簡単ではありません。
    最近ではインプラントに対して消極的な情報も耳にしますが、そのほとんどはこの「手術の失敗」に関するものです。しかし、熟練の歯科医、技術レベルの高い歯科医に依頼すれば、この手術失敗のリスクはほとんどありません。
    当院には、極めて技術力の高い専門チームがあります。 手術のリスクでご不安に思われている方は是非ご相談下さい。
  2. 2.お金がかかる
    インプラントにかかる費用は決して安くはありません。また健康保険も対象外です。しかし、「自分の歯と同じように噛める」という喜びは、お金には変えがたいものです。よく我々が患者様にご説明するのは、「インプラントは本当に高いのか?」ということです。確かに場合によっては百万円以上の費用がかかるので、決して安いものではありませんが、1日あたりに換算すると、「そんなものか。安いね」とおっしゃる方も多いです。
  3. 3.長い期間がかかる
    インプラントは治療完了までに時間がかかります。 インプラントが骨に定着するまでに6週間はかかってしまいます。ところが、最近では即日インプラント(All-on-4)という方法もあります。即日で仮歯が入りますので簡単な食事ならその日から可能で時間を感じさせません。

インプラントの年齢制限について

インプラントは、人間の骨の成長がほぼ完了する16歳から治療を受けることができます。
まだ骨の成長が完了していない低年齢の患者様にインプラント治療を行なうと、その部分の骨の成長だけが止まってしまうことが学会で報告されています。成長が止まってしまうと、見た目に少し違和感が出たり、噛み合わせがその部分だけ低くなったりしてしまいます。

インプラントの年齢制限に上限はありません

インプラントの年齢制限に上限はありません

インプラント治療には、下限はありますが上限はありません。骨の成長がほぼ完了する16歳以上であり、抜歯の負担に耐えることができれば、どなたでもインプラント治療を受けていただくことができます。

インプラントの治療については、高年齢になればなるほど、後のリスクを回避できると考えられています。インプラントの使用年数が長くなればなるほど、歯周病に可能性や噛み合わせの変化という問題も生じてきます。
20歳でインプラントを埋入し、60年間80歳まで使用するよりも、60歳で20年間80歳まで使用したほうが、歯周病や噛みあわせの変化というリスクを避けることができます。
そのように考えると、年齢が高い患者様のほうが、リスクが低いといえるでしょう。
ただし、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、脳硬塞、血液疾患などをお持ちの患者様は、口腔内に問題がなくてもインプラントの適用は簡単ではありません。

当院では、高齢者の方の治療実績が豊富にあります。
「他院では、お口以外の問題でインプラト治療を断られた」というご相談もよくいただきます。
当院には高い技術力を持つ医師がおりますので、他院では受けられないような難易度の高い治療も成功させることができるのです。
年齢やお口以外のご病気でインプラント治療を不安に思われている方は是非当院にご相談下さい。

インプラントの種類

ブローネマルク

  • 【原産】 スウェーデン
  • 【製造】 ノーベル・バイオケア社
  • 【手術】 主に2回法(1回法もある)
  • 【性状】 タイユナイト、TPS

1965年より臨床応用が開始された世界初のインプラントシステムです。
スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、チタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたもので、最も長い臨床実績を持つため最も信頼性が高いインプラントシステムだと言われています。
表面性状は、以前はTPS(Titan Plasma Spray)でしたが、現在ではタイユナイト(Ti Unite)という、ノーベルバイオケア社独自のものとなっています。
これは、厚い酸化層とミクロの孔をインプラントのフィクスチャー表面に設けることにより、骨とインプラントの結合「オッセオインテグレーション」を促進するものです。このタイユナイトの開発により、インプラントの成功率は大きく向上しました。
実は、これが開発されて以来、様々な種類のインプラントが発売されたのですが、中には非常に成功率の低いインプラントシステムもありました。特にブレードタイプのインプラントは極端に成功率が低く、現在使用されることはほとんど使用されていません。
また、優れたインプラントシステムはこれ以外にもありますが、ブローネマルクは臨床実績が多く、これに勝るものはありません。

リプレイスセレクト

  • 【原産】 スウェーデン
  • 【製造】 ノーベル・バイオケア社
  • 【手術】 主に2回法(1回法もある)
  • 【性状】 タイユナイト

元々は、ステリオスというアメリカの会社が製造していたインプラントだったのですが、数年前、 世界初のインプラントであるブローネマルクインプラントを販売しているノーベルバイオケア社がステリオスを吸収合併したため、リプレイスセレクトという名前に変わりました。
インプラントの表面性状はブローネマルクと同じく、ノーベルバイオケア社独自のタイユナイトというものです。また、ブローネマルクインプラントは様々なインプラントの中で、対応する器材が最も多いインプラントなのですが、 リプレイスセレクトはブローネマルクの器材が全て使用できるという利点もあります。

インプラントを埋め入れる本数

無くなった歯の数だけインプラントを入れると思っていませんか?

患者様から「インプラントは何本必要ですか?」とよく聞かれることがあります。
特に、失った歯の本数が多い患者様にとっては、全ての歯を自費治療のインプラントにするというのは、 経済的に大きな負担となるので、非常に気になるところでしょう。
原則として、1本歯を失ったときには、1本のプラントを入れます。しかし、たとえば総入れ歯に近い(14本の歯を失った)場合、4~8本のインプラントと本数を抑えることができるのです。
また、インプラントを埋め込むことで噛み合わせが悪くなると推測できる場合には、無理にインプラントを入れるようなことはいたしません。

こんな歯科医院には要注意

こんな歯科医院には要注意

1本あたりの単価が安い歯科医院では、少数本のインプラントでは利益が出ないため、患者様に多くのインプラントを埋入することをすすめることもあるようです。この場合、利益を出すことはインプラントの必要本数の理由にはなりません。万が一、インプラントの本数に疑問がございましたら、セカンドオピニオンをお勧めいたします。当院にも、ご遠慮なく御相談ください。最新の技術で、 All-on-4(オール・オン・フォー)というものがあります。これは、歯を全て失った方でも4本のインプラントの埋入で済むという画期的な方法です。
即日インプラントとも言われ、手術後、その日のうちに食事をすることもできます。埋め込むインプラントの本数が少なく済みますので、費用も少なく抑えることができます。
しかし、この手術方法は難易度が高いため、限られた医院でしか取り扱うことができません。
取り扱うことのできない医院では、代わりに多くのインプラントを埋め込む方法を勧めようとする医院もあります。
もちろん当院は、All-on-4を得意としておりますので、お口の状態を診てAll-on-4が患者様にとって最も適した方法だと判断した場合には、All-on-4をお勧めしています。
インプラントの本数というのは、患者様ひとりひとりの状態によって異なります。
インプラントが何本必要かは、患者様の骨の硬さや上下あごの違い、噛みあわせ、さらにはインプラントのメーカー、インプラントの長さなどに、大きく左右されます。
こういった要素をひとつひとつ検討し、インプラントの本数を決定するためには、レントゲン写真とCT撮影による検査を行い、口腔内の状態を石膏模型として再現することが必要になります。
最も重要なことは、力学的に安定し、壊れない設計をすることです。インプラントは、一度骨と結合すると取り出すことが大変難しいため、手術前の設計が非常に肝要であると言えます。
当院には、「他院でこんなこと言われたんだけど本当?」 といったようなご相談を受けることも多くあります。
当院では、高い技術力と、豊富な実績を誇る歯科医が、患者様にベストな治療を一緒に考えます。
お気軽にご相談下さい。

インプラント手術にかかる時間

インプラントは顎の骨に金属を埋め込むため、外科手術の部類に分類されます。手術時間が長く、虫歯などの一般的な歯科治療と比べ、大変なものに聞こえてしまうかもしれません。
実際にインプラント手術にかかる時間は平均で1~2時間といわれており、手術前・後のケアを含めて、平均所要時間は2時間~4時間程度です。入院の必要はありません。
入れるインプラントの本数、手術の方法によって所要時間は大きく変わってきます。歯茎を切開しない「フラップレス法」であれば所要時間は10分程度で終わります。
手術法は当院院長が、患者様の歯とお身体の状態を総合的に考慮した上で決定させていただいております。

インプラント手術にかかる時間

1回法の手術時間

埋め込む本数 1本 2~3本 4~6本 7~10本
手術時間の目安 15分 30分~45分 60分~75分 90~120分

2回法の手術時間

1回目
埋め込む本数 1本 2~3本 4~6本 7~10本
手術時間の目安 10分 20分~30分 40分~65分 70~100分
2回目
埋め込む本数 1本 2~3本 4~6本 7~10本
手術時間の目安 5分 10分~20分 20分~30分 30~50分

All on 4(オールオンフォー)の手術時間

埋め込む本数 4本
手術時間の目安 45~60分
歯茎を切開しない方法(フラップレス法)の手術時間
手術時間の目安 45~60分

インプラントで行われる血液検査について

治療前の血液検査

インプラント治療を始める前に歯科医師から、血液検査や健康診断、人間ドックなどで行った血液検査の結果を見せるように言われることがあります。これにより全身の健康状態を知りインプラント治療を実施できるかどうか判断することが可能です。

血液検査で分かること

主に白血球数・赤血球数・ヘモグロビン・血小板数・血液中のタンパク質・脂質・糖質・酵素などの成分を調べます。
その結果、肝疾患・心臓疾患・糖尿病・高脂血症・動脈硬化症などの疾患がわかります。 その結果を見て異常が無いかを判断します。

血液検査で異常が見つかった場合

血液検査で異常が見つかった場合でも、外科手術が受けられないほど身体に問題がある場合は身体の治療を優先させて、状態が安定してからインプラント治療を検討します。
また、身体の状態に問題はあっても、インプラント治療が可能な場合は内科医と連携をとって治療を進めます。

また、抗生剤、消炎剤、などの量や期間の調節、治療方法の検討や消毒の回数を増やす工夫をしながら進められます。治療後も体調によっては定期的なメンテナンスの回数を増やして頻繁に経過を確認することがあります。
このように、あらかじめ身体の状態・疾患などを把握しておけば安全で安心なインプラント治療を行うことが出来ます。
インプラントは外科処置にあたります。外科処置においては術前に全身状態を把握しておくのが一般的です。

スルガ銀行のデンタルローンをご利用いただけます

浜松でインプラントをお探しなら青木歯科医院

県立浜松湖東高校前
〒431-1112
静岡県浜松市西区大人見町3393-4 [MAP]

青木歯科医院外観

診療のご予約・お問い合わせは
053-485-5430
診療時間
09:00~12:30
14:30~18:45

★…土曜午後は14:00~17:00の診療 / 最終受付18:15

pagetop